幼稚園教諭一種免許状

幼稚園教諭とは

幼稚園教諭とは、学校教育法に基づく幼稚園における教員です。幼児期における教育は、生涯にわたる人格形成の基礎を培う重要なものであり、幼稚園教育は、学校教育法第22条に規定する目的を達成するため、幼児期の特性を踏まえ、環境を通して行うものであることを基本にしています。

【参考】「幼稚園は、義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする。」(学校教育法第22条)

幼稚園教諭の活躍する場所

  • 幼稚園
  • 幼保連携型認定こども園 等

4年間の流れ

資格課程定員:20名(原則)

主な科目(保育内容各論、教科に関する科目の一部を除く) 資格課程登録
1年 前期 音楽実技、小児体育 入学時ガイダンス
後期 音楽実技、小児体育、教育原理、
保育原理、教育心理学
2年 前期 図画工作、教職概論、保育内容総論 仮登録(5月頃)
後期 図画工作、幼児教育課程論、発達心理学 本登録(10月頃)
3年 前期 発達障害論、幼児教育方法論 幼稚園教育実習Ⅰ
(9月頃)
後期 教育相談の基礎、家族臨床論、教育行政学
4年 前期 専門総括演習 幼稚園教育実習Ⅱ
(9月頃)
後期 教職実践演習

幼稚園教育実習とは

人間のライフステージを見通した中での幼児期の教育・保育のあり方を考え、実際に幼児期の教育を体験するための学習です。

幼稚園教育実習Ⅰ

実習時期 3年次(主に9月)
実習期間 2週間
実習先 幼稚園、幼保連携型認定こども園

幼稚園教育実習Ⅱ

実習時期 4年次(主に9月)
実習期間 2週間
実習先 幼稚園、幼保連携型認定こども園

※幼稚園教諭免許状を取得するためには、全ての実習を履修する必要があります。

実習を体験した学生の声

  • 自分自身も人的環境のひとつなのだと意識した。
  • 子どもの発達に携わることの重大さを改めて考えさせられた。
  • 自分の人間性や保育観を見つめ直す機会になった。
  • 各学年の子ども毎に「ピン」とくる言葉、伝わりやすい言葉かけの大切さを実感した。

 

このページの先頭へ

Copyright © 岩手県立大学 社会福祉学部 All Rights Reserved.