柴田徹平

SHIBATA  Teppei

社会福祉学科 福祉政策系  講師

主な担当科目

公的扶助論Ⅰ、公的扶助論Ⅱ、社会福祉経済論、社会福祉の基礎A、地域福祉調査実習、福祉調査基礎実習

研究課題

個人請負就労者の政策枠組の構築に関する研究
請負労働の類型と特徴に関する実証的研究
建設産業の産業構造分析
社会保険未加入者の生活実態に関する分析

自己紹介

 これまで自営業者の貧困・不安定就労問題を主に建設産業を事例に研究してきました。また失業した方への聞き取り調査、働く方々へのヒヤリング調査を精力的に行ってきました。聞き取り調査は発見の連続です。そこには予期していなかった答えがたくさんあります。講義や実習を通じて、聞き取り調査の面白さ、やりがいそしてもちろんその大変さを伝えていけたらと思います。
 また講義では、学生が得た知識を身近な事柄に引き付けて考えられるように工夫していきます。4年間を県立大学で学んでよかったと思える環境づくりをしていけたらと思います。一緒に成長していきましょう。

学歴・職歴

<最終学歴>
中央大学大学院経済学研究科博士後期過程経済学専攻修了
<学位>
博士(経済学)
<職歴>
東京都立産業技術高等専門学校非常勤講師、専修大学非常勤講師、大月短期大学非常勤講師

このページの先頭へ

Copyright © 岩手県立大学 社会福祉学部 All Rights Reserved.