遠山宜哉

遠山宜哉

TOOYAMA  Nobuya

人間福祉学科 福祉心理系  教授

→ 教育研究者総覧

主な担当科目

「カウンセリング」、「教育相談論」、その他の演習・実習科目
大学院では「臨床心理面接特論」、その他の演習・実習科目

研究課題

臨床心理学、とくにカウンセリングに関心があり、会話によって人を援助するとはどういうことか考えています。特に、解決志向アプローチが専門で、人に問いかけることによって援助することの意味を中心に扱っています。

活動や興味・関心

祭りには関心があり、さんさ祭りにも参加していましたが、最近は暑い中で頑張る体力がなくなりもっぱら見物。

地域での活動

臨床心理士としての活動の他、援助的職業に関わる人と共に会を結成して、講師を招くなどして研修の機会をもっています。

学歴・職歴

東北大学大学院で修士を得た後、少年鑑別所と少年刑務所に7年、弘前大学保健管理センターの専任カウンセラーとして8年、その後に、岩手県立大学に着任しています。

このページの先頭へ

Copyright © 岩手県立大学 社会福祉学部 All Rights Reserved.