ウインター・セッション(12/25-26)のご報告

2019年1月11日

2018年12月25日(火)、26日(水)の2日間、県内の高校生を対象としたウインター・セッションが開催されました。25日は鈴木厚人学長の全体講演の後、各学部によるプログラムが実施されました。今年度も多くの高校生から参加希望をいただき、約60名の方が参加しました。
社会福祉学部では「社会福祉の世界-共に生きる-」をテーマとし、講義・演習を行いました。
演習では所属する高校に関係なくグループ編成を行いましたが、短時間で打ち解け、時間が足りなくなる程多くの意見を出し合いながら、課題についてまとめていました。本学部の大学生とも交流し、大学の雰囲気を味わいながら、学びを深めていただいた2日間だったのではないでしょうか。

<社会福祉学部スケジュール>
■12月25日(1日目)
14:45〜14:50 オリエンテーション
14:50〜15:30 第1講義
 「共に生きる礎としての共感」
  学部長 桐田隆博教授
15:35〜16:15 大学生活紹介 学生会有志

■12月26日(2日目)
9:10〜10:40 第2講義(演習)
 「イルカや馬によるセラピー-QOLの向上を考える-」 
  川乗賀也准教授
10:50〜12:20 第3講義(演習)
 「男の子育て/女の子育て?-ジェンダー規範を超えてケアを考える-」
  泉啓講師
12:20〜13:10 昼食
13:10〜14:40 第4講義
 「農業と福祉の出会い-ともに生きる地域づくり-」
  宮城好郎教授
14:50〜16:10 第5講義
 「社会的共存のハードケース」
  高橋聡教授

高校生向イベント

このページの先頭へ

Copyright © 岩手県立大学 社会福祉学部 All Rights Reserved.