人間福祉学科長メッセージ

人間福祉学科長 中谷 敬明

人間福祉学科長
中谷 敬明

 人間は誕生から時間を積み重ねて一生を終えます。この過程で、客観的・主観的な体験を、私たちは時々刻々重ねています。しかしながら、自分の思い描く生涯を過ごせるとは限りません。国の内外の政争や経済的混乱といった社会情勢、疾病の蔓延、また家族や友人・同僚など身近な人間関係などに翻弄され、その影響の予防や回避は難しいものです。遺伝と環境はその人らしさを形作る主要な要素ですが、人生を運命論的に見做すことは、一面的な理解に過ぎません。目前に示された課題へ、主体的に取り組む態度も、その人ならしめている重要な側面です。
 本学部人間福祉学科は、充実した学習環境の下、社会福祉の学習を基盤に、発達科学や人間工学、心理学に関する豊富な知見や研究成果によって、対人援助に求められる理論と技法の学習を少人数教育で提供します。
 本学科で学ぶ学生は、人間の生涯を心身両面から理解する素養を身に付け、その素養の上に、援助を必要とする人の要望に応えうる専門性を修得できるのです。
 皆さんが、本学科で主体的に学ぶことを期待しています。


人間福祉学科概要

福祉心理系 生涯発達支援系

複雑化し多様化する福祉ニーズに応えるためには、それぞれの「人」にアプローチすることが重要です。そのためには狭義の社会福祉学に加えて、関連する人間諸科学の方法や技術、知見を学ぶ必要があります。人間福祉学科では、社会福祉の基盤的な学習を行いながら、隣接領域である心理学や発達科学などの諸科学の原理と方法論に基づき、人間の生涯にわたる成長とそれぞれの段階における心理と行動について理解を深め、生活上に発達的・心理的な問題を抱える人々に対して適切な支援をするための知識と技能を習得し、実践力を高めることを目指しています。

human_zu

このページの先頭へ

Copyright © 岩手県立大学 社会福祉学部 All Rights Reserved.