専門科目の実習

社会福祉学科共通科目

福祉調査基礎実習

福祉調査基礎実習社会福祉に関する実態や動向を把握するとともに、福祉ニーズを理解するための方法の一つが社会福祉調査です。福祉サービスの実践や、政策の策定、制度の研究などを行う上で、社会福祉調査は重要です。この実習は調査実習の第一段階と位置づけ、調査票を使った統計的な調査を学内で行います。そして、調査の企画から分析・報告までの過程を体験することで、社会福祉調査の基礎的技術の習得を目指します。

地域福祉調査実習

地域福祉調査実習社会福祉調査は、福祉ニーズの把握や住民の福祉意識など福祉政策形成を根拠付ける重要な方法です。この実習では特定の地域をフィールドに調査を行います。実際に地域に赴いて取り組むインタビュー調査はもちろん、仮説の検討からデータ分析、報告書の執筆と発表に至るプロセス全体を通じてより実践的な調査の方法を学びます。

コミュニティ福祉サービス実習

コミュニティ福祉サービス実習本実習では、地域の実情に沿った多様な福祉サービスの実践や事業について、開発し運営する方法を体験的・実証的に学びます。具体的には、班ごとに異なるテーマを設定し、ぞれぞれの現場における調査や実務を通じて、現状の把握や将来に向けた企画・提案能力の習得を目指します。

 
 

人間福祉学科 生涯発達支援系

生涯発達支援実習

生涯発達支援実習
本実習では、「生涯発達支援研究法」で学習した様々なタイプの具体的な素材(データ)を使って分析手法を体験学習します。連続して得られた生体信号の定量的分析、質問紙調査などで得られた数値の統計的分析、面接調査などで得られた会話内容を質的分析することによって、得られたデータに埋もれている意味のある情報を取り出すために必要な知識とスキルを体得します。この実習により、生涯発達を支援し、よりよく生きていくための条件を、研究によって明らかにしていく実践的な技術を身につけます。

人間福祉学科 福祉心理系

心理学基礎実験

心理学基礎実験心理学で行われる実験・調査・検査方法の基礎を体験的に学ぶことを目的としています。生理心理学、感覚・知覚心理学、認知心理学、学習心理学、社会心理学、臨床心理学といった心理学の主要な領域で行われている代表的な研究方法の背景を学び、基本的な手続きを実際に行うことによって理解し、収集したデータを使って初歩的な解析を試みます。

心理学特殊実験

心理学的な研究テーマを自ら設定し、検証し、解答を提示する心理学研究の進め方を学びます。具体的には、研究の設計、データの収集、分析、結果の解釈と考察を進めることによって、心理学における検証過程を体験的に学びます。

このページの先頭へ

Copyright © 岩手県立大学 社会福祉学部 All Rights Reserved.