社会福祉学部をもっとよく知るQ&A

<学科に関すること>

<資格取得に関すること>

<入試に関すること>

<平成26年度に行われた学科再編に関すること>

<学科に関すること>

社会福祉学科と人間福祉学科との違いは何ですか?
社会福祉学科は、直接的な対人援助から、それを可能にする制度や政策までを広く統合的に学べるように構成されています。3つの教育系に分けてありますが、教育系に分かれるまでが長く、他の系の科目を自由かつ積極的に履修できるようになっています。他方、人間福祉学科は、社会福祉学の基礎の上に発達科学や心理学などの隣接科学を学び、人生のさまざまな段階における援助にそれを応用する力を習得できるよう構成されています。2つの教育系がありますが、それぞれが比較的独立したものになっています。

ページの先頭に戻る ▲

入学後に学科を変更することはできますか?
一般入試の前期日程及び後期日程において第1志望の学科に入学した学生は、一定の条件を満たせば3年次に転学科することが可能です。推薦入試、特別入試、AO入試、一般入試(第2志望学科)による入学生は学科を変更することができません。
※一般入試の前期日程及び後期日程では、第1志望学科に加えて第2志望学科を併願することを認めています。

ページの先頭に戻る ▲

<資格取得に関すること>

希望すれば、資格のすべてを取得できますか?
資格(免許)は2つまで取得可能です。「社会福祉士受験資格」、「精神保健福祉士受験資格」は、社会福祉学科・人間福祉学科のどちらの学科でも取得できますが、「保育士資格」、「幼稚園教諭一種免許状」は、人間福祉学科でのみ取得可能です。取得可能な資格の組み合わせは、(1)「社会福祉士受験資格」と「精神保健福祉士受験資格」、(2)「社会福祉士受験資格」と「保育士資格」、(3)「保育士資格」と「幼稚園教諭一種免許状」の3つに限られます。
※「認定心理士」は、可能な資格数の制限(2つまで)にはカウントされません。なお、「認定心理士」の資格を取得するには福祉心理系を選択することが望ましいです。

ページの先頭に戻る ▲

社会福祉士資格を取得することのメリットは何ですか?
社会福祉士に対する社会的期待が高まり、その活動領域が広がる中で、病院や地域包括支援センターなど社会福祉士資格を必要とする職場が増えてきています。また、職場によっては資格手当が高くなったり、資格に基づく実務経験を5年ほど積むことにより介護支援専門員(ケアマネジャー)の受験資格を得られたりすることもあります。

ページの先頭に戻る ▲

(1) 保育士資格と幼稚園教諭の養成課程を希望する生徒数は、20名定員に対してどのくらいいるのでしょうか。
(2) 定員を超過した場合、どのように選考するのでしょうか。
(1) これまで定員に余裕のある年度が多かったのですが、最近は希望者が定員を超過する年度もあります(平成26年度の「保育士」希望者24名、「幼稚園教諭」希望者22名)。
(2) 定員を超えた場合は、1年次の成績を基に選考します。

ページの先頭に戻る ▲

<入試に関すること>

推薦入試に全国枠を設けている意図は何ですか?
推薦の枠自体を広げるということと、県内だけでなく、県外も含めて広く、優秀な学生を確保するという狙いがあります。また、県内外の学生が互いに交流してもらいたいという願いもあります。

ページの先頭に戻る ▲

総合問題での選抜の意図を教えてください。
センター試験方式(マークシート回答)だけでは把握できない学力を評価するため、総合問題は、一般教科に沿った、国語、英語、数的領域、社会・時事の領域をふまえつつ、記述式問題を中心に問うことにより、理解力、論理的思考力、表現力などを評価します。評価の狙いは「総合的学力」であり、社会福祉学を主体的に学習する上で不可欠な要素と考えています。

ページの先頭に戻る ▲

<平成26年度に行われた学科再編に関すること>

平成26年度に社会福祉学部ではなぜ学科を再編したのですか?
少子高齢化などに伴う福祉ニーズの複雑化・多様化に対応できる福祉人材の育成を図るため、変更することにしました。

ページの先頭に戻る ▲

学科再編によって何が変わりましたか?
制度・システムなどについて学ぶことと直接的な対人援助を学ぶことを分けずに、両者を統合的に学ぶ学科と、社会福祉学を基礎として発達科学や心理学等の隣接諸科学の応用について学ぶ学科に分けることによって、2つの学科の違いがより分かりやすくなりました。

ページの先頭に戻る ▲

社会福祉学科の定員を50名、人間福祉学科の定員を40名としたのはなぜですか?
学科のもとに置く教育系を、社会福祉学科に3つ、人間福祉学科に2つ置くことにしたからです。

ページの先頭に戻る ▲

学科再編によって介護福祉士受験資格が取得できなくなりましたが、なぜですか?
高度な専門性を身につけられるよう、体系的な教育課程を編成するために資格養成課程を整理する必要に迫られています。これまでの資格養成の実績や卒業後の資格活用の様子を考慮した結果、介護福祉士の資格が取得できなくなっても進路への影響は大きくないと判断したためです。

ページの先頭に戻る ▲

介護福祉士の養成をしなくなると、介護の勉強はできなくなりますか? 介護の仕事に就くこともできなくなりますか?
介護を教える教員はいますし、介護の科目もありますので、介護の勉強は十分に出来ます。また、介護福祉士を取得しなくても介護の仕事に就いている人はこれまでにもたくさんいますので、心配は要りません。

ページの先頭に戻る ▲

学科再編によって高等学校教諭一種(福祉および公民)の免許が取得できなくなりましたが、なぜですか?
福祉や公民の教員免許をとっても教員として就職できる可能性が低く、実際に就職できた人も非常に少ないからです。

ページの先頭に戻る ▲

学科再編によって福祉にかかわる卒業後の進路はどう変化することになるでしょう?
卒業後の進路については、行政(福祉専門職)、社会福祉協議会、施設・機関等の相談員(ソーシャルワーカー)、民間福祉企業などが想定され、特に変化はないものと見込んでいます。

ページの先頭に戻る ▲

Q&A

このページの先頭へ

Copyright © 岩手県立大学 社会福祉学部 All Rights Reserved.