人間福祉学科長メッセージ

人間福祉学科長 三上 邦彦

人間福祉学科長
三上 邦彦

生活面において発達的・心理的な課題を抱える児童、高齢者、障がい者、またその家族とかかわりを持つ人々に対して適切な支援をしていくためには、社会福祉と人間関係に関する科学の学習が必要ですが、さらに人間の生涯にわたる発達的視点と、それぞれの段階における心理と行動にかかる理論(乳児期から老年期にいたる心理社会的発達段階での課題・危機などの発達の方向性や障がいに関する理論等)の学びを欠かすことはできません。
人間福祉学科では、人間の生涯にわたる成長と心理、行動を通した学習・研究活動をしていくことで、自分たちの実践を整理(分析・統合)して一般化(理論化)し、それを指針として、より有効性をもった実践として展開することを目標としています。そして、人間福祉の実践に関する理論と実践力を高めることを基盤とした教育内容を用意しています。

人間福祉学科概要


福祉心理系 生涯発達支援系

複雑化し多様化する福祉ニーズに応えるためには、それぞれの「人」にアプローチすることが重要です。そこで狭義の社会福祉学に加えて、関連する人間諸科学の方法や技術、知見を学ぶ必要があります。人間福祉学科では、社会福祉の基盤的な学習に加えて、心理学や発達科学などを基礎にして人間の生涯にわたる成長とそれぞれの段階における心理と行動について理解を深め、そのことを通じて、生活上に発達的・心理的な問題を抱える人々に対して、適切な支援をするための知識と技能を習得し、実践力を高めることを目指します。

human_zu

このページの先頭へ

Copyright © 岩手県立大学 社会福祉学部 All Rights Reserved.