編入学情報

<編入学に関するQ&A>

3年次に編入するにあたって、単位の読み替えがどの程度可能か知りたいです。
単位の読み替えについては入学後の対応となります。またこれまで取得された単位のすべてが読み替え可能とは限りません。
3年次編入で社会福祉士受験資格を取得したいのですが可能でしょうか?
編入の場合、「資格取得」は社会福祉士受験資格のみを原則としています。したがって、社会福祉士課程へ登録し、所定の科目の単位を取得することによって受験資格を取得することが可能です。
教育系の配属はいつ決定するのでしょうか?
原則として入学後の4月に教育系配属と専門演習Ⅰの配属を行います。なお、基本的に自分が所属する教育系の教員の指導の下、4年次の卒業課題研究(卒業論文)を行いますので、どの教育系に所属したいか、考えておくと良いでしょう。
所属した教育系の展開科目はどの程度履修しなければならないのでしょうか?
展開科目は系所属に関わらず基本的には自由に履修できます。ただし卒業要件を満たすためには一定の条件が求められますので、詳細は入学後に実施されるオリエンテーションや配布される履修の手引き等でご確認ください。
編入後にどの程度、英語の単位を取得する必要があるでしょうか?
2017年度入学の編入生より、英語の必修科目・単位数が4科目8単位から8科目8単位に増えています。それに伴い編入後に取得する英語の科目数が増えています。また、語学科目においては、各団体等が実施する語学検定試験等において一定の成績を得た場合に、本学において修得した単位として認定されることがあります。詳細はこちらのホームページでご確認ください。

※7月のオープンキャンパスでは、編入学の入試相談を行っております。ぜひご活用ください。

編入学情報

このページの先頭へ

Copyright © 岩手県立大学 社会福祉学部 All Rights Reserved.