社会福祉学部のカリキュラム

本学部のカリキュラムは【基盤教育科目】【学部専門科目】からなり、【学部専門科目】はさらに《両学科共通専門科目》《学科別科目》《資格科目》に分けられます。
(※カリキュラム表のうち○がついているものは必修科目です。)

基盤教育科目

基盤教育科目は、本学全学部学生が履修する科目です。人間性、倫理性を高める豊かで幅広い教養と基本的なコミュニケーション能力、またグローバルな視点から主体的に問題を発見するとともに、自ら考え判断し、課題解決できる能力を涵養することを目的としています。4年間を通じて履修できます。

学部専門科目

両学科共通専門科目

社会福祉という広い領域を学ぶ上での基盤となる科目で、社会福祉学科、人間福祉学科の両学科で履修できます。4年間を通じて開講されていますが、主に1〜3年次の段階で履修します。4年生ではこれまでの学びの総括として、「卒業課題研究」「専門総括演習」が必修科目として設定されています。
→ 両学科共通専門科目(PDF・250KB)

学科別科目

より専門的な内容を網羅した科目で、学科および教育系によって科目が異なります。また、専門的な学びをより実践的・体験的に深めるよう、教育系ごとに専門演習や実習が設定されています。主に2〜3年次の段階で履修します。専門科目の実習については、「専門科目の実習」のページをご覧ください。
→ 学科別科目(PDF・259KB)

資格科目

《両学科共通専門科目》《学科別科目》とは別に、資格取得のために履修を要する科目(資格取得希望者の自由選択科目)です。資格ごとに演習・実習の時期も異なります。
社会福祉士受験資格科目「ソーシャルワーク実習」は3年次に、精神保健福祉士受験資格科目「精神保健福祉援助実習」は4年次に履修します。また、保育士資格科目「保育実習」は2・3・4年次に、幼稚園教諭一種免許状資格科目「幼稚園教育実習」は3・4年次に履修します。詳細については、「資格・免許」のページをご覧ください。
→ 資格科目(PDF・221KB)

カリキュラム_フロー

このページの先頭へ

Copyright © 岩手県立大学 社会福祉学部 All Rights Reserved.