福祉心理系

「人」の考察から福祉へアプローチ

福祉心理系心理学的な考え方と方法をもとに、援助の対象となる人間そのものの意識や行動について理解を深め、援助が援助として受け止められ実を結ぶにはどのようなアプローチをとれば良いのか、原理的なところから考えます。また、人の認知や発達、人間関係、臨床などの領域に広く目を向け、人間の福祉に貢献するための知を生み出す方法を修得しつつ、具体的な知識・技能を会得することを目指します。


福祉心理系

卒業課題研究テーマ一覧

  • SNSでの自己卑下呈示による印象評価の検討
  • 精神的回復力と心理的ストレス負荷に対する生理的・心理的ストレス反応の関連
  • 課題無関連刺激が注意の瞬きに及ぼす影響 −バイノーラルビートの場合−
  • 困難事態における言葉かけの検討
  • 第三者が促す共感性が寛容性に及ぼす効果
  • 非対面型コミュニケーションにおける顔文字の機能
  • 加害者の障害情報の有無が責任帰属に与える影響
  • 自尊感情の高さおよび変動性と他者からの評価に対する恐れとの関連
  • 男子大学生のライフコース展望
  • ストレングスがストレス体験の認知的評価に及ぼす影響 −性格のストレングスに着目して−
  • 身体接触の有無が対人魅力に及ぼす影響の検討 −被接触者の特性不安に着目して−
  • 役割交換書簡法が感情に及ぼす影響 −空の椅子技法を応用して−
  • 大学生の「ほめ」の受けとめ方

教員一覧

このページの先頭へ

Copyright © 岩手県立大学 社会福祉学部 All Rights Reserved.