公認心理師をめざす人に

公認心理師の養成をしています

平成27年9月9日に公認心理師法が成立し、平成29年9月15日に施行されました。

岩手県立大学大学院社会福祉学研究科(臨床心理コース)では、法の施行日(平成29年9月15日)より前に大学に入学し、所定の科目を履修したと認められた人を対象に、公認心理師養成の課程を設けています。(注)

公認心理師法施行後に、資格養成に対応するカリキュラムをもつ大学に入学し、必要単位を履修して卒業する方々が平成33年度(2021年度)以降に生まれることになりますが、その養成にももちろん対応いたします。

<公認心理師資格のメリット>

心理分野での初の国家資格です。①医療・保健、②教育、③福祉、④司法・矯正、⑤産業・労働の5領域での活躍が期待される、対応分野の広い資格となっています。また、民間資格であった臨床心理士より今後、求められる場面や待遇が良くなることが見込まれます。

<岩手県立大学大学院社会福祉学研究科での養成の特徴>

大学院での実習は上記5領域のうち3領域以上の施設での実習が求められていますが、岩手県立大学大学院では、上記5領域のすべてで実習を行うことができます。

また、医療・保健や教育の領域はもちろんのこと、福祉の領域については特に教員が充実しており、子どもや高齢者の貧困、障害者の就労など、多様化し複雑化する福祉課題に取り組む力をつけることができます。この分野における公認心理師の期待は大きく、すでに公認心理師を法令等で位置づける動きが始まっています。

(注)経過措置の対象となる科目を履修したものと見なすかどうかは、当該の大学に任されていますので、出身大学にご確認下さい。

このページの先頭へ

Copyright © 岩手県立大学 社会福祉学研究科 All Rights Reserved.