教員紹介

教員紹介

狩野 徹

生活環境の福祉工学的研究を中心とする研究課題について、社会福祉理論および関連科学理論の検証、福祉システムの開発、実践理論の有効性をめぐる視点との関連づけを図りながら、特に、その該当事象の実証的研究について指導を行います。

小川 晃子

福祉システム開発とネットワーク形成、およびそのための情報通信技術の活用に関する研究課題について、実践理論との関連づけを図りながら、その当該事象の実証的研究について指導を行います。

桐田 隆博

日常生活における人間の認知や感情、並びにそれらの相互作用に関する事象を研究対象とし、対象に応じた研究方法の選択、方法の理論的な基礎づけ、実験や調査の手続き、統計的分析方法について総合的に指導します。

高橋 聡

社会福祉および関連する社会サービス諸領域の制度・政策的側面について、システムの分析と構築を視野におく理論研究を範囲とします。福祉システムの開発、実践理論の有効性を意識しつつ、理論とデータを原理的視点で結びつける研究指導を行います。

遠山 宜哉

対人援助における言語的やりとりを会話としてとらえたとき、それがいかに援助的に機能するのかを探る課題群について指導します。会話データを中心に実証を目指しますが、理論研究も重視します。

中谷 敬明

中枢神経系疾患に起因する高次脳機能障害への認知リハビリテーションと病気・障害、災害、犯罪被害などの予期できない事象から受ける心的体験への対応を研究対象とし、神経心理学や臨床心理学の観点から、実証的に指導を行います。

三上 邦彦

社会福祉実践を基盤にした、子ども虐待のアセスメントと支援、児童家庭福祉サービス、児童・家庭福祉制度、社会的養護などの研究課題について、社会福祉理論、社会福祉史、ソーシャルワークの視点で総合分析し、社会福祉実践理論の検証と構築を目指した研究指導を行います。

宮城 好郎

福祉経営領域におけるサービスマネジメント(CS、苦情、リスク)、マーケティング、ビジネスモデル構築に関する研究課題について、社会福祉や経営学の理論をベースに、事例検討(ケースメソッド)による多面的、重層的な発想法の形成を図りながら、その当該事象の実証的研究について指導を行います。

米本 清

感覚情報処理能力の低下と、その補償技術に関する研究を中心とする研究課題について、社会福祉理論および関連科学の理論の検証、福祉システムの開発、実践理論の有効性の視点と関連づけながら、特に、その当該事象の実証的研究について指導を行います。

このページの先頭へ

Copyright © 岩手県立大学 社会福祉学研究科 All Rights Reserved.