生涯発達支援系

それぞれの発達段階における課題を考える

生涯発達支援系人間が発達するのは子どもの時期だけとは限りません。人は生涯にわたって発達し続けています。しかし、何事もなく発達するわけではなく、人生のいろいろな段階や場面でさまざまな課題に直面することになります。生活する上でたとえバリアがあっても人間らしく生きるための支援のあり方を、子どもから高齢者まで当事者の視点に立って考え、実践することを学びます。

生涯発達支援系

卒業課題研究テーマ一覧

  • 東北地方に住むゲイ男性に関する研究 ―同性愛嫌悪社会での生き方に着目して―
  • 公共図書館絵本コーナーの環境構成に関する研究
  • 幼老包括ケアにおける世代間交流とレクリエーションの効果
  • A市の保育所における地域交流の現状と課題
  • 知的障害者に対する職場同僚の支援及び支援機関へのニーズに関する研究
  • セラピーロボットによる介護職員のバーンアウト軽減への効果
  • 子育て世代のダブルケアの現状と課題 ―今後求められる支援のあり方ー
  • ボランティア活動への参加が高齢者に与える効果に関する研究
  • 当事者と保護者の語りからみた就学前保育施設における発達障害児支援 
    ―本人の困難さと支援ニーズに着目してー
  • 発達障害児における絵本体験の実態と意義 ―読み聞かせ実践者へのインタビュー調査から―
  • 乳幼児へのメディア活用に関する研究 -家庭におけるテレビ視聴の調査を通して-
  • 子どもの主体性を育む保育に関する研究
  • 身近な想像物に対する幼児の認識
  • 親になることに対する大学生の意識 -子どもの価値および結婚観との関連から-
  • 死亡事例から学ぶ児童虐待防止の取り組み
  • 要保護児童対策地域協議会の現状と課題
  • 外国人保護者の思いを反映した支援方法 -A地域の幼児施設の調査を通じて-
  • 岩手県の幼児期の口腔衛生と食習慣に着目して
  • 音楽鑑賞に配慮した補聴器の有効性について
  • 動物とのふれあい方が感情に与える影響

教員一覧

このページの先頭へ

Copyright © 岩手県立大学 社会福祉学部 All Rights Reserved.