生涯発達支援系

それぞれの発達段階における課題を考える

生涯発達支援系人間が発達するのは子どもの時期だけとは限りません。人は生まれる前から常に発達し続けています。しかし、何事もなく発達するわけではなく、人生のいろいろな段階で様々な課題に直面することになります。生活する上で仮にバリアがあっても人間らしく生きるための支援について、子どもから高齢者まで、当事者の視点に立って考え、学び、実践することを通して自らの発達も目指します。

生涯発達支援系

卒業課題研究テーマ一覧

  • 岩手県内の在宅介護における高齢者虐待問題に関わる職員の意識
  • 中高生の高齢者イメージとその形成要因
  • 岩手県の介護施設職員の死生観に関する実態
  • 高齢者の生きがいと人間関係の関連性
  • 幼老包括ケアにおける世代間交流とレクリエーションの効果
  • A市の保育所における地域交流の現状と課題
  • 死亡事例から学ぶ児童虐待防止の取り組み
  • 要保護児童対策地域協議会の現状と課題
  • 統合保育における健常児の障害理解に関する研究 -幼稚園教諭のかかわりから-
  • 発達障害児の自己理解と保護者による子どもの自己理解への支援に関する研究
  • セラピーロボットによる介護職員のバーンアウト軽減への効果
  • 知的障害者に対する職場同僚の支援及び支援機関へのニーズに関する研究
  • 身近な想像物に対する幼児の認識
  • 「親になること」に対する大学生の意識 -子どもの価値および結婚観との関連から-
  • ことばの聞き取りにおける視覚情報の利用と効果について
  • 音響式信号機の音源位置が音源定位に与える影響について

教員一覧

このページの先頭へ

Copyright © 岩手県立大学 社会福祉学部 All Rights Reserved.